キャッシングする前に!!失敗しないための情報満載

> キャッシングと契約の際の親子関係

キャッシングと契約の際の親子関係

キャッシングでは、契約に際しある程度の条件があります。
中には、審査すら受けさせてもらえないという人もいます。

例えば、日本国内に住んでいない人の場合には、
たとえそれが日本人であっても審査すら受けさせてもらえません。
70歳以上の方も、収入が乏しいという理由でなかなか審査は受けさせてもらえません。
この上限年齢が何歳なのかは、キャッシング会社によって微妙に異なります。
65歳以上というところもあれば、70歳以上というところもあります。

そして、未成年の場合には、大体キャッシングを利用することはできません。
これも、そもそも審査すら受けさせてもらえないというものです。
では、未成年がどうしてもキャッシングを使いたいという場合、どうすればいいのでしょうか。
そこには一つ方法があります。

本人に代わって契約

それは、親名義でキャッシングの契約をしてもらうというもの。
未成年ではキャッシングの審査は受けさせてもらえませんが、
その親であれば大体審査も受けられ、カードを発行することは可能となります。
そのカードを親が子供に渡し、子供が利用すればいいというものです。
最近では、仕送り代わりに子供にこのようなカードを渡すという親御さんも多いようです。
ここで気をつけたいのは、キャッシングはあくまでも借金であり、
借金にはが利息がかかるということを忘れてはなりません。

これと逆転の現象も考えられます。
例えば、親が70歳以上でキャッシングの契約をすることができません。
そこで、その子供が子供名義でカードを作成するというものです。

だだしそこまでして借りるのはどうでしょうか?資産運用金融、マスターの道の“お金はただのツール”という言葉は確かに共感できますがだからと言ってむやみやたらに借入はよくないでしょう。

いずれにせよ使いすぎには注意

最近では、偽装質店というのが問題となっておりますが、
これは年金受給者に対して、二束三文の品物を質草として入れて、
その代わりに法外な金利を要求するというものがあります。

キャッシングの場合、この偽装質店よりははるかに金利が低いので安心といえます。
ただし、うっかり多く使いすぎてしまうことがありますので、明細は常に確認しておきましょう。